Connectiontest.devをリリースしました

今日、新しいWebサービス、Connectiontest.devをリリースしました。簡単なものなので、Webサービスといっていいのかもわかりませんが...

Connectiontest.devは、https://connectiontest.dev で展開されるサービスで、ただひたすらにリクエストされた情報をjsonに整形してレスポンスします。このドメイン配下のあらゆるURLにアクセス可能で、複数のHTTP動詞にも対応しています。

注意

デプロイしているレンタルサーバーの都合で、HTTPヘッダがいろいろ書き換えられています。サーバー移すか検討中ですが、レンサバが一番費用的に楽なんだよなぁ...

なぜ作ったのか

テストを書いていた時に、外部のサーバーにリクエストを送る部分のテストをいい感じに書きたかったので、作りました。あと、何かサクっと作りたかったので。

Httpbinは?

正直、Httpbinの存在を知って、POSTとか、GET以外もできるのでもうよくねと思ったりしたんですが、パスが決まっているのでめんどくさいかなと思いました。パスが自由だと、リクエストのホストを挿げ替えるだけで200が返ってくるので...いやまあ特に意味なくても作りたいじゃん?